V.A RUSTIC STOMP 2009(ラスティック・ストンフ゜・2009)

V.A RUSTIC STOMP 2009(ラスティック・ストンフ゜・2009)

today

内容

現在活躍中の最高のRUSTIC STOMP楽団達による、進化したRUSTIC STOMP!そう、これがRUSTIC STOMP 2009!! RUSTIC STOMPとは音楽史の縦の流れと、横の流れが交差した部分に生まれたルーツミュージックの最新型で、トラッドフォーク・アイリッシュトラッド・ラグタイム・ヒルビリー・ディキシーランドジャズ・ジャグ・スウィングジャズ・ウエスタン等のルーツミュージックをパンク・スカ・ロカビリー等のノリで自由に味付けした最高に盛り上がる音楽のジャンルである。 クラブ・ライブバー・路上パフォーマンス等様々なシーンで活躍する、今最も盛り上がりを見せている最高のRUSTICSTOMPERS達11バンドによる全20曲を収録! 「OCHIBA」(フラメンコバージョン) 「IKI」が収録されています。 アーティストについて ●WOODSTOCK 平均年齢21歳と今回参加するバンドの中では最年少の若きバスカー達!楽曲はカントリーミュージック・ブルーグラスが軸となっている。 ●Caballero Polkers ブズーキ・マンドリン・バンジョー・アコーディオン等を用いた合計6人からなるIRISH.GYPSY.KLEZMAR.CARIB.MEZTIS…ワールドミュージックを混ぜ合わせた、まさに音楽好きが集まった楽団。 ●HOBBLEDEES ロカビリーの形態に、どうしょうもない程キャッチーなメロディー!1991年にはTHE BLUE HEARTSのツアーのオープニングアクトを務めなるなどキャリア・実力申し分なし! ●Mt.Paiot's 金沢のアイリッシュパンク・ラスティックシーンをずっと支えてきたバンド。ポーグスやフロッキングモーリーのようなアイリッシュナンバーに加え、バーキングドックスのようなスラップベース。 ●Oink ウッドベース・ギター・ドラムに、バンジョー・バグパイプ等の民族楽器を多数使用のIrish Mixture Punk バンド。今回収録曲も、拳を突き上げたくなるような最凶のラスティックシンガロングナンバー。 ●LITTLE DOG WALTZ 絶妙なポップ性とメロディー。その両方を兼ね備えた東北が誇るラスティックバンド!スタンディングドラムとスラップベースによる飛び跳ねるリズムに乗って、哀愁たっぷりのメロディーが響きわたる。 ●PISSED OFF 八王子最高の酔っ払いラスティック集団!しかし楽曲は非常にクオリティーが高く、サックス・フィドル・アコーディオンによるアンサンブルは驚くほど繊細で、ドラムとパーカッションの掛け合いも見事! ●MOHIKAN FAMILY'S 人気絶頂で解散した「Clovers」のメンバーを含む関西ラスティックバンド!インストの曲が主流でティンホイッスルとアコーディオンで哀愁たっぷりの独自の世界観を見事に再現!ドラムには元「Classic Chimes」のカツが参加している。 ●AA&TOY $OX RED HOT ROCKIN' HOODのリーダー・Ando-Akioと、TOK¥O$KUNXのバンマス・Dabis-que?によるスラップベースと携帯生ピアノ

today

曲リスト

Travellingman(WOODSTOCK)
Ballad of pirates(WOODSTOCK)
壊滅三拍舞踊(Caballero Polkers)
妖猿乱舞(Caballero Polkers)
ビールの泡よ花となれ(HOBBLEDEES)
B.A.D(HOBBLEDEES)
Asuca(Mt.Paiot's)
Old boy(Mt.Paiot's)
Tryin'it!(Oink)
DODO(LITTLE DOG WALTZ)
ロマの夜行(LITTLE DOG WALTZ)
朝歌夜絃(PISSED OFF)
サルタンの矢(PISSED OFF)
IKI(MOHIKAN FAMILY'S)
ochiba(MOHIKAN FAMILY'S)
Hodemagie(AA&TOY $OX)
三日月ブランコ(FholeRagOrchestre)
ウィスキー航路(FholeRagOrchestre)
五反田Sunset(OLEDICKFOGGY)
月になんて....2009(OLEDICKFOGGY)

schedule

レーベル

DEAD STOCK

schedule

品番

PNK0910-309

room

販売サイト

https://diskunion.net/punk/ct/detail/PNK0910-309

description

参加バンド

CABALLERO POLKERS/キャバレロポルカーズ

CABALLERO POLKERS/キャバレロポルカーズ

東京(新宿・渋谷・下北)を中心に活動中。しかし、呼ばれれば全国どこでも行くフットワークの軽さが最大の武器。マンドリン、ブズーキ、バンジョー、アコーディオン、ウッドベース、ドラム編成のRUSTIC-STOMP(ラスティックストンプ)バンド。
アイリッシュ、ジプシー、中東、メスティーソ等の民族音楽の要素をパンクに掻き鳴らす!

CABALLERO POLKERS/キャバレロポルカーズ

HOBBLEDEES/ホブルディーズ

HOBBLEDEES/ホブルディーズ

1989年11月、長野県で市川武也、小島誠、塩入文彦の3人で結成。
1990年、NHK主催のアマチュアバンドコンテスト「BSヤングバトル」関東甲信越大会に出場。規定時間オーバーで失格になったものの審査員特別賞を受賞。
1991年、THE BLUE HEARTSのツアーのオープニングアクトを務める。
1992年12月2日、シングル「オウムの唄」でソニーからデビュー。
1993年4月、ツアー「フロンティア兄弟と車移動」
1993年、宮沢りえに楽曲「赤い花」(5月21日発売)を提供(作詞・作曲:市川武也)。
1993年10月、ツアー「天狗になっても大移動」
1994年6月、ツアー「GOLDEN POOR BOYSの暴走」
1995年、RUDEBONES、SUPER STUPIDらと共にオムニバスアルバム「ULTIMETE FAST BEAT」に参加(収録曲「WHEN A MAN LOVES A MAN」)。この曲を最後に事務所を辞める。
1995年、この頃より活動休止。
1998年、新メンバー宮沢正則、堀ビリーが加入し、活動再開。
2002年、イギリスのサイコビリーバンドディメンティド・アー・ゴーのトリビュートアルバム「A TRIBUTE TO DEMENTED ARE GO」に参加(収録曲「GOD GOOD LOVIN’」)。
2003年、堀ビリーが脱退。
2003年、オムニバスアルバム「ROTAR ARE GO Vol.2」に参加(収録曲「赤い花」「あんなに」)。
2004年11月12日、ラフベリーディッティーズとのスプリット・アルバム「BILL&AMIGO」発売。
2004年、初DVD「ムービーショウ」発売。
2006年、高橋大地が加入。
2007年、吉沢紀里香が加入。
2009年、宮沢正則が脱退。
2009年4月11日、結成20周年記念ライブを行う。シングル「BEAR」発売。
2009年、北村恭子が加入。
2009年、オムニバスアルバム「RUSTIC STOMP 2009」に参加(収録曲「ビールの泡よ花となれ」「B.A.D」)。
2011年、10年ぶりのフルアルバム「NO LOVE, NO HAPPINESS 〜愛無き者に幸せは無し〜」リリース。
2013年、吉沢紀里香脱退。
2014年、美谷島啓介(びーすけ)加入。

HOBBLEDEES/ホブルディーズ

Mt.Paiot's/マウンテン・パイオッツ

Mt.Paiot's/マウンテン・パイオッツ

1999年
KOSSY(Vo./WB)、OKKUN(Vo./Banjo)の2人が中心として、
「Mt.Paiot's」を結成。
地元金沢にて活動を開始。
定期的に県外のバンドを招いて、自主イベントを行っていた。

2004年~2013年
GREENLAND WHALEFISHERSの日本来日追加公演として
自主企画でありながら地元金沢に招き、成功を収める。
これを機に、Bang-joe氏(ロスランチェロス)のプロデュースにより、
1st ALBUM「Northland Stomp」、7inch「LOW LIFE」を全国発売する。
この年より富山・福井・東京・大阪・名古屋・仙台・秋田・新潟・静岡などの
県外での遠征ライブも行くようになった。
この当りから悪ノリで決めたバンド名を後悔し始める・・・w

度重なるメンバー脱退によりSHIGE(Gt.)、Macchang(Dr,)、
SxHxW(Mandolin)が加入する。
さらに2011年よりNAOTO(Accordion)の加入で
今日まで活動を休止することなく現在活動中!

これまでに、V.A. / 「GREEN ANTHEM」 , V.A. /「 RUSTIC STOMP 2009」
V.A. / 「Never trust a friend」に参加。

Mt.Paiot's/マウンテン・パイオッツ

OINK/オインク

OINK/オインク

Yoh:vo&bass
So-Ne:drums
Sugi:guit
Kishi:banjo&bagpipe

2004年にV.A"ROTAR ARE GO vol.3"(Rumbaral Rec) 7inch"Date/Monto"(Galactic)リリース後にアコースティック&トラディショナル隊が脱退。
3ピースにバグパイプで2005年V.A"Green Anthem"に参加。更なるメンバーチェンジを経て、2009年V.A”RUSTIC STOMP2009”参加。
2010年V.A”Never trust a friend”(DIWPHALANX RECORDS)に参加!そして同じくDIWPHALANX RECORDSよりファーストアルバム”RIN-KAKU"をリリース!!
ラスティックシンガロングナンバーで全国ツアーを驀進!
2014.10.05のライブを最後に解散。

OINK/オインク

LITTLE DOG WALTZ/リトルドッグワルツ

LITTLE DOG WALTZ/リトルドッグワルツ

秋田のアイリッシュ・トラッドを基調としたラスティックバンド

池田 大輔 / Vocal,mandolin
佐々木 康人 / Banjo,Guitar,歌
さき / Accordion
洋美 / Drums,時々うた
やま / W.B
小野寺 / Guitar

LITTLE DOG WALTZ/リトルドッグワルツ

OLEDICKFOGGY/オールディックフォギー

OLEDICKFOGGY/オールディックフォギー

東京都出身のラスティック・バンド。メンバーは伊藤雄和(vo,mand)、スージー(g,cho)、TAKE(b)、四條未来(banjo)、yossuxi(key,acd)、大川順堂(ds,cho)の6名。カントリーやブルーグラスを基盤とした“ラスティック・ストンプ”を、エモーショナルでポリティカルな日本語詞と60年代後半~70年代前半の日本のフォーク、ニューミュージック風の温かいメロディやハードな音で鳴らす。2003年の結成以来、年間平均100本のライヴで名を広め、さまざまなバンドと共演を重ねる。
2017年3月に『オールディックフォギー名作撰 破戒篇』&『同 絶海篇』をリリース。

OLEDICKFOGGY/オールディックフォギー

F HOLE RAG ORCHESTRE/エフホールラグオーケストラ

F HOLE RAG ORCHESTRE/エフホールラグオーケストラ

【member】
・TenorBanjo,Piano/コ-セ-
・WoodBass/シュウちゃん
・Guitar/ギリギリのギリト
・Drums&Washboard/スケさん
・Trombone,Vox/キッチョム
・Trumpet,Vox/クリコ
・Sax/キャメ 
・Trumpet/カナちゃん


■参加オムニバス■
【V.A/RUSTIC STOMP 2009】
【V.Aレベル・バンディッツVOL:1】

F HOLE RAG ORCHESTRE/エフホールラグオーケストラ

ライブスケジュール

今月開催予定のイベント/ライブスケジュールの情報はこちらでチェック!

FACEBOOK PAGE

MOHIKAN FAMILY'S

MOHIKAN FAMILY'S モヒカンファミリーズ

OFFICIAL MV『踊れジプシー』

【Movie Producer】
Copperpot Film
Contact:Copperpot.film@gmail.com