セルティックミュージックフェスティバル出演者紹介!ココペリーナ!

Posted by
セルティックミュージックフェスティバル出演者紹介!ココペリーナ!

セルティックミュージックフェスティバル出演者紹介!ココペリーナ!

セルティックミュージックフェスティバル出演者紹介!ココペリーナ!

セルティックミュージックフェスティバル出演者紹介!ココペリーナ!


COCOPELIENA May 15Th
Fiddle, Vocal, Accordion
さいとうともこ
Acoustic Guitar
山本 宏史
Tin whistle, Irish flute,
4string banjo
岩浅 翔
2013年京都にてIrish Pub等での数回セッションを経て結成。2014年Cocopelienaとしてより本格的に活動を開始。
アイリッシュトラッドを中心に様々な音楽を取り込み独自のアレンジで演奏する。
「美味しいお酒と共に音楽を」をテーマにお祭りからライブハウスまで楽しいお酒を求めて幅広く活動中。

関連イベント

デマット!関西セルティックミュージックフェスティバル

デマット!関西セルティックミュージックフェスティバル

待望の第4弾!! 「DEMAT関西ケルト音楽祭(デマット関西セルティックミュージックフェスティバル)」 5月14日と5月15日に渡りAVALONで開催! DEMAT (デマット)はケルト音楽を中心としたライブイベントです!

today日時

2016年 5月 14日

scheduleOPEN

-

scheduleSTART

-

my_location開催場所

​Avalon Pub

room住所

大阪市大阪市西区新町1−2−6 日宝ニュー新町ビル3階

turned_in_notADV

2,500

turned_in_notDOOR

3,000

descriptionイベントの詳細

Location
​Avalon Pub
OPEN:- / START:ー
ADV:2500 / DOOR:3000
待望の第4弾!!
「DEMAT関西ケルト音楽祭(デマット関西セルティックミュージックフェスティバル)」
5月14日と5月15日に渡りAVALONで開催!
DEMAT (デマット)はケルト音楽を中心としたライブイベントです!
東京、大阪、フランス(BRETAGNE)、京都、名古屋の6バンドに加え今回はゲストDJにDRINK EM ALL CREWを迎えさらにパワーアップ!
出会い、混ざり合い生まれる一つの文化、それがDEMAT (デマット)
5月14日と5月15日AVALONでお待ちしています!
関西セルティックミュージックフェスティバルに来て下さい!
ß
LINE UP:

14TH
MOHIKAN FAMILY'S (OSAKA)
http://mohikanfamilys.jp/
http://mohikanfamilys.jp/movie-12.html

MODERN B BEARD (TOKYO)
http://modernbbeard.web.fc2.com/modernbbeard.html
https://www.youtube.com/watch?v=NM7iCB1QB7E

FUIGOZA
https://www.youtube.com/watch?v=UAOrIzdrYPM

DJ
DRINK EM ALL CREW
http://drinkemall.web.fc2.com/Drinkem_All/HOME.html

15TH
PLANTEC (BRETAGNE)
http://www.plantec.fr/
https://www.youtube.com/watch?v=CsLaVrbVUTs

REVILI'O (OSAKA)
http://revilio.net/
https://www.youtube.com/watch?v=OL2HiCOrz5A

COCOPELIENA (KYOTO)
http://cocopeliena.net/
https://www.youtube.com/watch?v=iiY0SisB8tA

DJ
DRINK EM ALL CREW
http://drinkemall.web.fc2.com/Drinkem_All/HOME.html

ADV: 2500円 (1D)
DOOR: 3000円 (1D)
2 DAYS: 4000円 (2D)

​Avalon Pub

デマット!関西セルティックミュージックフェスティバル

出演バンド

MoDERN B Beard/モダンブラックビアード

MoDERN B Beard/モダンブラックビアード

2008年結成の7人組みアイリッシュパンクバンド。
MoDERN B Beardのサウンドはボーカルにマンドリン、フィドル、アコーディオン、バグパイプ、ティン・ホイッスル、エレキギター、ベース、ドラムと言ったフォーキー且つパンクロックな編成となっている。
海賊と酔っ払いをコンセプトにアイリッシュトラッドを基盤とし、オリジナル曲は全て船旅を記した海賊ソングに仕立て上げられている。
活動は現在までに都内を中心に活動をしながら日本全国各地を飛び回り、2011年には5月~6月にかけて1stフルアルバム「1ST LOG BOOK」を引っさげてドイツ、オランダ、ベルギー、スイスを渡るヨーロッパツアーを決行。
アイリッシュパンクバンドとしては、日本初のヨーロッパツアーでワンマンを含む全11公演を大盛況の内に納めた。
その翌年の2012年11月には韓国ツアーも決行。2013年~2014年は更に活動の幅を広げ、勢力的に地方遠征を行い全国各地でその名を広げつつある。
現在はライブ活動も続けながら、新しいアルバム製作に向けて新曲を製作中。2015年内発表予定。
勢い留まる事を知らない、7人組みの黒髭海賊団、MoDERN B Beardの海賊船は更なる新たな海を求めて躍進を続ける。
まだこの航海は始まったばかりだ

MoDERN B Beard/モダンブラックビアード

鞴座

鞴座

古式の製鉄に用いられる鞴(ふいご)を使った火おこしの装置のことです。
鞴の風が唸り、鉄が鍛えられる。
かつて時代の最先端であった鞴座はバグパイプやアコーディオンなどの鞴楽器と
鉄弦ギターを用いた新しい音楽のスタイルとなって現代に甦りました。
2004年春結成。

鞴座の音楽

アイリッシュ・ケルトやフランスのミュゼット
クレズマーやロマなどのヨーロッパの大衆音楽を基調とし
そこに様々な要素とジャパニーズ・テイストを加味した
全く新しい、それでいてどこか懐かしいサウンドです。

鞴座

PLANTEC/プランテック

PLANTEC/プランテック

ブルターニュのニューミュージックシーンをプランテックなしでは語れない。

彼らはこの12年で「Fest Noz」*を代表するアーティストになった。

アコースティック、エレクトリック、エレクトロニックを融合したメロディやリズム、彼らの音楽が与えてきた影響は計り知れない。ライブでの3人は、人々を魅了し音の中を縦横無尽に踊り狂わせる独特の世界観を作り出す。

2年のヨーロッパツアーを経て最新アルバム”Kontakt”をリリース。

13の賞を受賞したこのアルバムで、彼らの音楽はブルターニュから国境を越えていく。


またツアー中は様々なコラボレーションを実現させた。アルバムではWinston McAnuff&Fixi, Laurita Peleniute,リトアニアの女性シンガーや女性コーラスとも共演。Bjorkや Faithを手がけたレコーディングエンジニアRoli Mosimannとの2度目のコラボレーションが決定している。

PLANTEC/プランテック

Revili'O/レビリオ

Revili'O/レビリオ

Irish、Old American trad、Alt.Countryをベースにしたフォークロックバンド。
メンバーは基本的に6名だが、ライブによって編成が変わる事が多い。
少人数編成では、より素朴で土臭い雰囲気を前面に押し出したスタイルとなり、6名での活動内容とは差別化を図っている。
因みにメンバー間の年齢&居住地の差が広い。
前身のJAD、Thy Countyを経て2012年結成。
2011年、当初は野原武と梶野潤の2名で曲作りやライブを行っていたが、翌2012年春に持田桐と山崎大輔(共に元JAD)が加入。
これを機に、バンドを正式にRevili'O(レビリオ)と名付ける。語源は野原による造語。
その数ヶ月後、たまたま大阪でのライブ後に出会った高木大貴(元Haggis)と意気投合し、その場で加入。
しばらく打楽器無しの編成で活動していたが、2013年に入って間も無くアイリッシュパブでの演奏後に山本壮典が声をかけてくる。 そのまま加入。
現在に至る。

Revili'O/レビリオ

COCOPELIENA/ココペリーナ

COCOPELIENA/ココペリーナ

アイリッシュ・トラディショナルを軸に様々な音楽の要素を取り込み、独自のアレンジで演奏する。主な使用楽器はフィドル(バイオリン)、4弦バンジョー、アイリッシュフルート、ティンホイッスル、ギターなど。数回のセッションを経て2014年に結成、同年10月に1stミニアルバム「My Cup of Tea」をリリース。2015年には「ケルトシットルケVol.4」にも参加。
「美味しいお酒と共に音楽を」をテーマに、お祭りからライブハウスまで楽しいお酒を求めて幅広く活動中。


2013年京都にてIrish Pub等でのセッションを数回経て結成。
2014年より本格的にCocopelienaとして活動を開始。
アイリッシュトラッドを中心に様々な音楽を取り込み独自のアレンジで演奏する。
テーマを「美味しいお酒と共に音楽を」とし、お祭りからライブハウスまで楽しいお酒を求めて幅広く活動中。
2014年10月に1stアルバムMy cup of teaをリリース。
2015年6月にリリースされた関西のケルト音楽ミュージシャンによるコンピレーションアルバム「Celt Sittolke Vol.4」に参加し2曲収録。

COCOPELIENA/ココペリーナ

Drink'em All/ドリンクエムオール

Drink'em All/ドリンクエムオール

2001年より開催。DJは、PUNK/NEW WAVE通過後のワールドミュージック/トラッドを取り入れたパンクでポップで踊れる音楽を中心にセレクトしています。
例えば、PoguesやBoothill FootTappersだったり、King kurtやBowWowWowだったり、Brave comboやLes Nresses Vertesだったり。更にそれらの音楽的な縦の繋がりになるルーツミュージック、例えばDublinersやlonnie doneganやHenri Salvadorだったり。と、それらを混ぜ合わせて、自分達の世代の新しいワールドミュージック/トラッドを作り出す、呑んで踊れるイベントです。つまり「全ての方向に進め!」なラスティックストンプなイベントな訳です。

-NEW WAVE OF WORLD MUSIC for YOUNG PUNK GENERATION-

Drink'em All/ドリンクエムオール

OFFICIAL MV『踊れジプシー』 【Movie Producer】
Copperpot Film
Contact:Copperpot.film@gmail.com