5/16、17の関西セルティックフェスティバルの詳細

Posted by


5/16、17の関西セルティックフェスティバルの詳細
DEMAT! Kansai Celtic Music Festival 2015

JP/EN
5月16日と5月17日にAVALON PUBにてケルト音楽を中心としたライブイベント
「DEMAT関西ケルト音楽祭(デマット関西セルティックミュージックフェスティバル)」を開催いたします。

DEMAT (デマット)はオーストラリア、京都、大阪、
名古屋の6バンドが舞台の上でユニークなショーを繰り広げる文化イベントです。

DEMAT (デマット)はだだのライブではありません。ここで出会う一つの文化です。
5月16日と5月17日AVALON PUB ででお会いしましょう。
関西セルティックミュージックフェスティバルに来て下さい!


Avalon
〒550-0013 大阪市大阪市西区新町1-2-6 日宝ニュー新町ビル3階


今回のバンド奏者は 
Featuring performances by


5.16
功刀丈弘 Takehiro Kunugi
http://tower.jp/artist/375019

Siobhan Owen
http://www.siobhanowen.com/biography.htm

Cocopeliena


5.17
MOHIKAN FAMILY'S
http://mohikanfamilys.jp/

BANQUET ROVER
http://banquetrover.com/news.html

REVILI'O
http://www.revilio.net/


リンク:
http://cafe-de-paris.jp/
http://decouverte.jp/

-------------------------------------------------------------------------------
チケット:

ADV. ¥2,000 (1Drink)  DOOR ¥2,500 (1Drink)
16日  OPEN 18.00  START 19.00
17日  OPEN 17.00 START 18.00

Two Tickets 16h and 17h ONLY ADV: ¥3,500 (2 Drinks)

【チケットの購入方法】
Where to buy Tickets?

-AVALON PUB OSAKA

-e+(イープラス) 
http://eplus.jp/(PC・携帯共通)
ファミリーマート店内ファミポート
プレイガイドの購入方法に従い、お求めください。

facebook イベントページ
https://www.facebook.com/events/424517491047619/




5/16、17の関西セルティックフェスティバルの詳細


5/16、17の関西セルティックフェスティバルの詳細

COCOPELIENA

2013年京都にてIrish Pub等での数回セッションを経て結成。2014年Cocopelienaとしてより本格的に活動を開始。
アイリッシュトラッドを中心に様々な音楽を取り込み独自のアレンジで演奏する。
「美味しいお酒と共に音楽を」をテーマにお祭りからライブハウスまで楽しいお酒を求めて幅広く活動中。



5/16、17の関西セルティックフェスティバルの詳細

Siobhan Owen
On May 16h...

オーストラリア南部の都市アデレードを拠点に活動するシンガー・ハーピスト。ウェールズで、ウェールズ人の父とアイルランド人の母の間に生まれた。9歳から古典的な音楽教育を受けたSiobhanがハープを手に取ったのは2008年。myspaceで出会ったフランス人シンガー・ハーピストCecile Corbelに招待されたアデレードフリンジフェスティバルショーで、Cecileのハープに心を打たれてから。2010年には彼女自身のアデレードフリンジフェスティバルショーで"Celestial Echoes" を発表。
これまでにインディーズアルバムを4枚リリース。
最新アルバム"Storybook Journey"は世界的なラジオ局でオンエアされてるほか、数々の賞を受賞している。
BBC Wales ~ "Album of the Week" (September 2012)
Classical-Crossover UK ~ "2012 Album of the Year"
Radio West Wales ~ 2013 "Song of the Year" for the track "Cariad"
Australian Celtic Music Awards ~ 2014 "Best Contemporary Celtic Song" for "Caledonia" & "Best Producer of an Album" to Quentin Eyers.

https://www.youtube.com/watch?v=FArLn-qeZu8




5/16、17の関西セルティックフェスティバルの詳細

功刀丈弘(くぬぎたけひろ)

ヴァイオリン奏者
フィドル奏者
奈良出身
幼少よりヴァイオリンをはじめ、京都市立堀川高校音楽科、京都市立芸術大学へと進む。
在学中に現代音楽や民族音楽などに着手。特にアイルランドや東ヨーロッパのヴァイオリン
に惹かれ(別名フィドルとよばれる)、その奏法を研究しつつアイルランドの伝統音楽を
中心に演奏活動を行う。
主に関西と東京を中心に活動を続け、国内外のアーティスト達との競演やセッションを重ねる。
情熱大陸ミュージックスペシャルライブの前座出演を期に04年、葉加瀬太郎率いるレーベル
「HATS」よりCDをリリース。葉加瀬太郎のライブツアーのツアーゲストとして全国で出演、
また葉加瀬太郎をゲストにむかえてツアー行うなど活動を全国に展開。
HATよりアルバムを3枚出版のほか多数のアーティストのライブやアルバムに参加。
自主制作でのアルバムも制作出版している。
現在関西テレビ「スーパーニュースアンカー」で功刀の演奏するBeyond the Sunsetが
テーマ音楽としてつかわれている。




5/16、17の関西セルティックフェスティバルの詳細
On May 17th...
Revili'o
前身のJAD、Thy Countyを経て2012年結成。
2011年、当初は野原武と梶野潤の2名で曲作りやライブを行っていたが、翌2012年春、持田桐と山崎大輔(共に元JAD)が加入。
これを機に、バンドを正式にRevili'O(レビリオ)と名付ける。語源は野原による造語。
その数ヶ月後、たまたま大阪でのライブ後に出会った高木大貴(元Haggis)と意気投合し、その場で加入。
しばらく打楽器無しの編成で活動していたが、2013年に入って間も無くアイリッシュパブでの演奏後に山本壮典が声をかけてくる。そのまま加入。
現在に至る。
Irish、Old American trad、Alt.Countryをベースにしたフォークロックバンド。
メンバーは基本的に6名だが、ライブによって編成が変わる。特に小編成の場合はドラム&ベースレスとなる事が多く、より素朴で土臭い雰囲気を前面に押し出したスタイルとなる。
またこうした小編成時は自らを”Revili'O&Sons”と名乗り、6名での活動内容とは差別化を図っている。
因みにメンバー間の年齢&居住地の差が広い。
Revili'o were known until 2012 as « JAD, Thy County ». They are an indie folk band performing original tunes with Irish Bluegrass as their core inspiration
Fiddle,etc & Vocal : 野原 武
Bass,etc & Chorus : 梶野 潤
Accordion & Chorus : 持田 桐
Guiter,Banjo & Chorus : 山崎 大輔
Drums : 山本壮典
http://revilio.net/

5/16、17の関西セルティックフェスティバルの詳細

BANQUET ROVER 
On May 17h!!

メンバー紹介などなど

1999年結成。
愛知県は名古屋を拠点に活動し 2009年、満を持して発売された 1stDemoCDを引っさげ 関東、東海、関西を飛び回る 酔いどれ宴会ラスティック楽団。

ちゃんご : Vo,Banjo,Fiddle,三線

ま~ろ : Guitar

つぐ : Mandlin

福太郎 : WoodBass

じゃが : Drum

えまり : Accordion




5/16、17の関西セルティックフェスティバルの詳細

MOHIKAN FAMIL'YS
On May 17Th!

ティンホイッスル、アコーディオン、ヴォーカル、ガットギター、ウッドベース、ドラムの6人からなる編成で、大阪を中心に活動するアコースティックロックバンド。

アイリッシュ、ジプシー、ケルト、クレツマー、フラメンコ、ミュゼットなどのヨーロッパトラッドミュージックをベースにロックやラテン、その他いろんな要素を混ぜ込んだワールドミクスチャーミュージックを展開中。

ロックなどに飽き足らず、ワールドミュージックに手を出してしまい、アコースティックの気持ちよさを体感!
これをきっかけに実験的な融合を試みながら新しいアコースティックミュージックの有り方を現在進行形で目指す。

HP:http://mohikanfamilys.jp/
BLOG:http://ameblo.jp/mohikan-familys/
TWITTER:http://twitter.com/MOHIKAN_FAMIL­­­Y
MIXI COMMUNITY:http://mixi.jp/view_community.­­­pl?id=3743414
myspace:http://www.myspace.com/mohikanfa­­­milys


関連イベント

DEMAT! Kansai Celtic Music Festival 2015

DEMAT! Kansai Celtic Music Festival 2015

ケルティックイベント、DEMAT! Kansai Celtic Music Festival 2015

today日時

2015年 5月 17日

scheduleOPEN

17:00

scheduleSTART

18:00

my_location開催場所

​AVALON PUB OSAKA

room住所

大阪府大阪市西区新町1丁目2−6

turned_in_notADV

2,000

turned_in_notDOOR

2,500

descriptionイベントの詳細

Location
​AVALON PUB OSAKA
OPEN:17:00 / START:18:00
ADV:未定 / DOOR:未定
DEMAT! Kansai Celtic Music Festival 2015 line-up
@ AVALON PUB OSAKA

Ticket on sale Soon!!

5.16
功刀丈弘 Takehiro Kunugi
Siobhan Owen
Cocopeliena

5.17
MOHIKAN FAMILY'S
BANQUET ROVER
REVILI'O

​AVALON PUB OSAKA

DEMAT! Kansai Celtic Music Festival 2015

出演バンド

功刀丈弘

功刀丈弘

幼少よりヴァイオリンをはじめ、音大(京都市立芸術大学)へと進む。

在学中より、美術作家とのコラボレーションや、ミニマル音楽の演奏などの活動のかたわら、ヨーロッパの民族音楽に着手。

特にアイリッシュ・フィドルを中心に、トラディショナルの奏法を研究し、演奏を行う。

関西を中心に、セッションやライブ活動、また指導を行っている。

2002年 葉加瀬太郎にアイリッシュ・フィドルを指導。

同年「情熱大陸Music Special葉加瀬太郎LIVE」のフロントアクトとして演奏。

さらに、東京で行われたアイリッシュのトップミュージシャン達による「アルタン祭」のレセプションパーティーで、葉加瀬と共にフォーメン・アンド ・ア・ドッグや、シャロン・シャノンなどと共演。

功刀丈弘

Siobhan Owen/シボーン・オーウェン

Siobhan Owen/シボーン・オーウェン

オーストラリア南部の都市アデレードを拠点に活動するシンガー・ハーピスト。ウェールズで、ウェールズ人の父とアイルランド人の母の間に生まれた。9歳から古典的な音楽教育を受けたSiobhanがハープを手に取ったのは2008年。myspaceで出会ったフランス人シンガー・ハーピストCecile Corbelに招待されたアデレードフリンジフェスティバルショーで、Cecileのハープに心を打たれてから。2010年には彼女自身のアデレードフリンジフェスティバルショーで"Celestial Echoes" を発表。
これまでにインディーズアルバムを4枚リリース。
最新アルバム"Storybook Journey"は世界的なラジオ局でオンエアされてるほか、数々の賞を受賞している。

Siobhan Owen/シボーン・オーウェン

COCOPELIENA/ココペリーナ

COCOPELIENA/ココペリーナ

アイリッシュ・トラディショナルを軸に様々な音楽の要素を取り込み、独自のアレンジで演奏する。主な使用楽器はフィドル(バイオリン)、4弦バンジョー、アイリッシュフルート、ティンホイッスル、ギターなど。数回のセッションを経て2014年に結成、同年10月に1stミニアルバム「My Cup of Tea」をリリース。2015年には「ケルトシットルケVol.4」にも参加。
「美味しいお酒と共に音楽を」をテーマに、お祭りからライブハウスまで楽しいお酒を求めて幅広く活動中。


2013年京都にてIrish Pub等でのセッションを数回経て結成。
2014年より本格的にCocopelienaとして活動を開始。
アイリッシュトラッドを中心に様々な音楽を取り込み独自のアレンジで演奏する。
テーマを「美味しいお酒と共に音楽を」とし、お祭りからライブハウスまで楽しいお酒を求めて幅広く活動中。
2014年10月に1stアルバムMy cup of teaをリリース。
2015年6月にリリースされた関西のケルト音楽ミュージシャンによるコンピレーションアルバム「Celt Sittolke Vol.4」に参加し2曲収録。

COCOPELIENA/ココペリーナ

BANQUET ROVER/バンケットローバー

BANQUET ROVER/バンケットローバー

1999年結成。
愛知県は名古屋を拠点に活動し 2009年、満を持して発売された 1stDemoCDを引っさげ 関東、東海、関西を飛び回る 酔いどれ宴会ラスティック楽団。

ちゃんご : Vo,Banjo,Fiddle,三線

ま~ろ : Guitar

つぐ : Mandlin

福太郎 : WoodBass

じゃが : Drum

えまり : Accordion

BANQUET ROVER/バンケットローバー

Revili'O/レビリオ

Revili'O/レビリオ

Irish、Old American trad、Alt.Countryをベースにしたフォークロックバンド。
メンバーは基本的に6名だが、ライブによって編成が変わる事が多い。
少人数編成では、より素朴で土臭い雰囲気を前面に押し出したスタイルとなり、6名での活動内容とは差別化を図っている。
因みにメンバー間の年齢&居住地の差が広い。
前身のJAD、Thy Countyを経て2012年結成。
2011年、当初は野原武と梶野潤の2名で曲作りやライブを行っていたが、翌2012年春に持田桐と山崎大輔(共に元JAD)が加入。
これを機に、バンドを正式にRevili'O(レビリオ)と名付ける。語源は野原による造語。
その数ヶ月後、たまたま大阪でのライブ後に出会った高木大貴(元Haggis)と意気投合し、その場で加入。
しばらく打楽器無しの編成で活動していたが、2013年に入って間も無くアイリッシュパブでの演奏後に山本壮典が声をかけてくる。 そのまま加入。
現在に至る。

Revili'O/レビリオ

OFFICIAL MV『踊れジプシー』 【Movie Producer】
Copperpot Film
Contact:Copperpot.film@gmail.com