沖縄の出来事…

投稿者:






7.8.9と三日間にユメハチ沖縄旅行に行って来ました。
初日にちょっと遅刻気味に梅田で待ち合わせで、新しく出来た神戸空港から飛行機で沖縄へ出発。
二年ぶり三回目の沖縄は、少し曇り気味でしたがレンタカーを借りて恩納村のホテルに向かいました。
途中で沖縄料理を食べて、のんびり少し眠りながら到着。
奇麗で大きなホテルの中は、中央が吹き抜けになっていて、窓の外から海が輝いています。
荷物を置いて、さっそく海で泳ぎました。
エメラルドグリーンの海は、暖かくて気持が良かった。
夕飯を食べる前にみんなで万座毛という岬に夕日を観に。
とても高い崖から見下ろす海は、泳いでいたビーチとは違って冷たさを感じ、ここから堕ちたら即死だろうなと思いながら、夕日を眺めました。地元でも有名な自殺スポットらしい。
帰ってきて、みんなでホテルの真向かいにある、ビアガーデン的な
店に入って、オリオンビールを片手に盛り上がりました。


そんな矢先に一本の電話が俺の携帯にかかってきました…


その電話はとても悲しい知らせでした….


それは…


CLOVERSを始める前に組んでいたバンドのベースの女の子の死亡の知らせでした…


何回も聞き直して、確認しましたが悲しい知らせでした…


原因は詳しくは知らないけど、病死だそうです。
一瞬、頭が真っ白になったけど、我に返り、せっかくの宴会は暗くなってしまい…
バンドが解散してもずっと付き合いしており、お互いにがんばろうな!と励まし合っていた矢先の出来事…


その後に、その子が新しく組んでいるバンドの人からメールが来て、詳細はホームページにてと、書いてあったのでホテルのはソコンから確認した所、お通夜が9日、葬式が10の一時からという事で、帰りは9日の夕方に大阪に着く予定だったので、安心していました。


次の日は、昼前に起きて海を観ながら色んな事を考えてました。
途中で、沖縄にリゾートバイトで来ている、ムックが参戦。
夕食時になって、みんなで中頭のカーニバルパーク美浜という所に行ってきました。そこはショッピングモールや飲食店やアミューズメントがいっぱい集まったテーマパークです。
そこのバイキングの店に入ってたらふく食べて、外に出ると沖縄の踊りをやっている人達が踊っていました。
くる前に、沖縄のロカビリーバンドのビートルクラッシャーというバンドでドラムを叩いている、ひさし君と待ち合わせをし、二人で近くの居酒屋で飲みました。


二年ぶりの再開で、いろんな話で盛り上がりました。バンドの話や、最近の出来事、前の日の話など泡盛を飲みながら良い時間になり、帰り道を心配してくれましたが、歩きたい気分だったので、歩いて帰りました。途中でタクシーのおっちゃんにホテルまでどれくらいの時間がかかるのか聞いたら、15分くらいでイケルよって言っていたので、お金もなかった事だし歩いて帰りました。


ところが、いくら歩いても一向に着きません…
コンビニに立ち止まって、地図を広げたらかなり遠い…
距離にして約30km…
でも、いいっか~っと思い、6時間かけてホテルに帰りました。
途中で、街頭もお店も何もない山道があって、真っ暗で何も見えない道があり、不安でしたが根性で歩いて行くと…
急にどしゃ降り…
恐怖を感じました。


ホテルに着いて、すぐに風呂に入り、2時間半寝て、ホテルのランチバイキングを食べ、飛行場に向かいました。
その日は台風が3つ、沖縄に接近してきていて、早めに空港で待機し、案の定、自分達の帰りの便が欠航…
長蛇の列を交代で並んで、整理券をもらい、臨時便とその後のキャンセル待ちをしていました。
新規予約を取る際に、最初は今日の便はすべて満席、次の日も満席。次の日の名古屋行きだけ空きがあると言われ、困惑しました…
次の日は葬式が…


かなりイライラしてしまい、他のみんなにも心配されて…
結局、その日は帰れず、空港に泊まりました。
みんな、疲れはピークになっていて、次の日も心配でした。
一応、名古屋行きは押さえていたので、少しは安心でしたが、
葬式が…


ところが、運良く大阪行きに空きがあり、それに乗って帰れました。
ただ、結局葬式には間に合わず、残念な想いでいっぱいです…


沖縄中盤から、色んな事を考えました。


身時かな人、大切な人が急に居なくなる。
実感さえ無くなる瞬間。
ただ、真っ白な頭の中。
リアルじゃない現実。
現実逃避。
大切な事、物、人。
悔しさ。
後悔の波。
駆けつけたいのに、行けない自分。
無念。
苛つき。
無駄に過ぎる時間。
航空会社の対応。


終わってしまったのだからしょうがない。
葬式、駆けつけれなくて、ゴメン…
ご冥福祈ります。



OFFICIAL MV『踊れジプシー』 【Movie Producer】
Copperpot Film
Contact:Copperpot.film@gmail.com

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です