ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント【HANAFES】
◆今回4回目となるハナフェスは4月8日と9日の2日間開催致します☆

回を重ねるごとにボリュームアップする内容、今回も相当すごいです☆大好きな人にはたまらない!優しくないアーティストラインナップに乞うご期待!!
お楽しみに!!


場 所    園内特設会場
日 時    4月8日(土曜日) & 9日(日曜日) ※2日間開催☆

チケット    
前売り:1day(両日とも)大人4,500円 中高生&シニア2,500円
    2day 大人8,000円 中高生&シニア4,000円

当 日:1day(両日とも)大人5,500円 中高生&シニア3,500円
    2day 前売りのみの扱いとなります
 ≪※シニアは65歳以上となります。入場時に年齢確認致します≫
 ≪※小学生以下は、保護者1名につき2名まで無料。3人目より中高生料金≫


【チケットプレイガイド】2月9日より発売☆
おかやまファーマーズ・マーケットマーケット ノースヴィレッジinfo
◆PASSMARKET
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01nj51yq8ymb.html

◆eプラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002217273P0030001
お問合せ    
TEL:0868-38-1234(ノースヴィレッジinfo)

 

 

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】
【カルメラ】
「SUMMER SONIC」への出演や福岡大型ビーチフェス「Sunset Live」にも毎年出演している大阪発エンタメジャズバンド。ポップス、ジャズ、サンバ、ラテン、ロックなどあらゆるジャンルを時に楽しく時に切なく大阪ライクにクロスオーバーする8人組。演奏力の高さに加え、関西人で構成されたメンバーならではのエンタメ感満載のライブ演出は近年のリピーターの増加が人気を物語っている。2016年4月20日に7thアルバム「REAL KICKS」(B.T.C.Records)を発売。オリコンインディーズチャート初登場7位にランクイン。

 


ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】
【オレスカバンド】
2003年に大阪・堺にて結成し、ライブを中心に活動するガールズバンド。3Rhythms&3Hornsの構成により、The Specialsに大きく影響を受け結成当初から SKAを基軸に活動してきたが、活動を続けていくにつれ、2トーンをより精神的なものとして捉え、SkaにRock/Funk/Reggae/Rock steady/Soul/Jazzなど様々なジャンルを取り入れたサウンドにスタイルを広げ世界を賑わせる。2016年11月、6年ぶりとなるフルアルバム「Slogan」をリリース。"ハッピーにサバイブ!”をモットーに、国内・海外で幅広く活動中!

 

 

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】
【ワンダフルボーイズ】
マジであった事POPミュージック!をコンセプトにvocal、Sundayカミデ率いる7人のハイセンスボーダーBAND。 近年、天才バンドでもソングライティング、ピアニスト、ベーシストとしても活躍するSundayカミデがワンダフルボーイズではハンドマイクで歌って踊り狂う。レゲエやヒップホップ、ソウルなどの影響を感じさせる音楽とマジであった事しか歌詞にしない楽曲はいつも誰かの何かしらの何かを刺激し続けている。 

 

 

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】
【オオサカズ】
2016年 3月結成。同年4月に解散した奇妙礼太郎トラベルスイング楽団から【ペペ安田(ba)岩井ロングセラー(synth)増谷紗絵香(pf)濱田剛史(per)シオミテツオ(gt)長山動丸(tp)トミー(tb)】により出来たインストバンド。6月にオリケン(ds)、12月にサリナ(Euph)が加入。マジカルロックと評される楽曲はジャズ・ロック・プログレ・エレクトロ等を独自のダンスミュージックに変換してアウトプットしている。2016年12月に1stアルバム『DE OMAS』をリリース!!

 

 

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】
【vougsign】
オーセンティックな8人組のスカバンド、ヴォングサイン。
結成以来三歩進んで二歩さがるというスタイル。
金も色気もござぁせん、裏打ち肴に乾杯です。Let's kiss ほほよせて、ちっちゃく前へならえのヴォングサイン。どおぞよろしく。
Let's do the ska with vongsign!

 

 

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】
【バブル次世代】
2011年結成 鹿児島県霧島市のFunkBandバブル世代の次の世代、いわゆる氷河期世代のメンバーを中心に構成。もう一度バブルはこないかと・・・「夢に破れ 夢を無くし 夢に焦がれる」大金持ちじゃなくていい・・・せめて小金持ちになりたい。見栄を張りたい!タクシーを一万札で止めたい!そんな邪心あふれる同志が集結。夢は万札の風呂に入る事。
国分FUZZ ROCK HALLで主にライブ活動中。主催イベント「Bubbly Night」も大好評開催中!バブル世代じゃないと手が届かない高額な物販も用意しております!

 

 

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】
【MOHIKAN FAMILYS】
ティンホイッスル、クラリネット、アコーディオン、アコーディオン/ヴォーカル、ガットギター、ウッドベース、ドラムの編成で、大阪を中心に活動するアコースティックロックバンド。アイリッシュ、ジプシー、ケルト、クレツマー、フラメンコ、ミュゼットなどのヨーロッパトラッドミュージックをベースにロックやラテン、その他いろんな要素を混ぜ込んだワールドミクスチャーミュージックを展開中。ロックなどに飽き足らず、ワールドミュージックに手を出してしまい、アコースティックの気持ちよさを体感。これをきっかけに実験的な融合を試みながら新しいアコースティックミュージックの有り方を現在進行形で目指す。

 

 

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】
【マッカーサーアコンチ】
大阪アンダーグラウンドの冷静と情熱の間をループし続けるロックバンド!
FUJI ROCK FESTIVAL出演や二度の海外ツアーなど活動は多岐にわたる。
合言葉は100%DANCE!
ゴリラも踊り出すぜ。
Let's go マッ!!!!

 

 

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】

【Black Bottom Brass Band】
1993年に関西で結成、ニューオリンズスタイルをベースにしたブラスバンド。
その音楽性は多岐にわたり、様々なアーティストとコラボレーションすることで、ジャンルを超えて多様化し進化していく。
ストリートパフォーマンスが話題となり、1996年にメジャーデビュー。
以来、21枚のアルバムを発表。
最新作は『Harmonize』(2015年6月発売)
全国各地をライブツアーで飛び回り、FUJI ROCK Fes・台中Jazz Fesなどの国内外野外フェスに多数出演。
また、音楽の楽しさをストレートに感じてもらうWorkShopも各地で好評を得ている。
その場を一気に「祭り」にするそのFUNKYなGROOVEが世界中を駆け抜ける! 

 

 

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】

【のら犬】
広島よりお越しの「のら犬」さん
足袋井直弘 vo G / 政成ジュンヤ G
ファンキー堀田 B / 向井 Dr / 龍作 G
ますみ sax
FESTAdeRAMA'10、FESTAdeRAMA'11出場
2010年 夏 1stミニアルバム『花とギター』を全国リリース、2000枚完売
名曲 流川は、映画『ラジオの恋』にも使われる。(足袋井直弘 出演)
現在 セカンドアルバム『アイナハイナ』制作中

 


ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】
【私の思い出】
京都ロックシーン絶賛暴走中の、"現存する唯一のアドベンチャーロック"バンド。ジャンルを問わない楽曲はまさにアドベンチャー!一度聴いたら忘れられないキャッチーなフレーズで聴く人すべての心を一瞬でわしづかみにする。
京都磔磔、名古屋得三ワンマンを経て2014年2月にファーストアルバム「アドベンチャー!危機一髪!」をリリース。
2016年7月にリリースした「おやすみユートピア」はタワレコウィークリーチャート1位に躍り出るなど、その勢いはとどまることを知らない!
愉快な5人の冒険野郎による衝撃&笑劇のキャンプをその目に焼き付けろ!

 

 

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】
【Stoned Soul Picnic】
古いイージーリスニングなどのレコードをしこたまサンプリングしたトラックにホーンセクション、ギター、キーボードが乗る、というスタイルで生演奏のダイナミクスと自由度の高いクラブミュージックを融合。近年では珍しくなくなった手法ではあるが、結成した2000年頃はまだ珍しく、能天気なパーティーミュージックは当時のビッグビートの流行と合致して各地のダンスフロアを沸かせた。2006年から活動休止するも、絶妙なお馬鹿具合と軽快なリズムがキャッチーなサウンドは現在もフジテレビ「ワイドナショー」をはじめテレビ番組のテーマ曲やBGMでお茶の間を沸かせつづけている。フジテレビ「にじいろジーン」など番組のテーマ曲からTVCMなどの作家活動を個々に行ってきたが、2016年4月『月影サーカス(feat.奇妙礼太郎/杉瀬陽子) c/w GROOVY CATWALK』をデジタルリリースし本格的に活動再開。同年9月にはあの名作アニメ「フランダースの犬」の主題歌『よあけのみち』のカバーをデジタルリリース。 
そして、この春にアルバム発売決定!!四十路の本気に乞うご期待!

 

 

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】
【pug27】
2001年、大阪にて結成。
関西クラブシーンに大きく関わってきたメンバー8人組の精鋭部隊(笑)。 
レゲエやラテン、ジャズを演奏しようと試みるが、はからずもロック的要素が強いリズム隊により、独特のpug27サウンドが生まれる。バンド結成から12年、中堅という年齢をとっくに過ぎ、ますます、おっさんにしか出せない『ゆるさと熱さを合わせ持つ素敵な演奏』で、関西を中心に活躍中! 

 

 

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント!花見+野フェス【HANAFES’17】
【オバチャーン】
2012年結成の平均年齢63.5歳の大阪おばちゃんアイドル。「絡んでくるアイドル」をコンセプトに大阪を中心に政界で暴れまくります。日本テレビ「月曜から夜ふかし」への出演を皮切りに、「仏セブン」と言われる選抜メンバーをメインに、テレビ、新聞、雑誌など露出急増!インディーズデビュー曲「オバチャーンのテーマ」がYoutubeで90万回再生されるなど、ネットメディアでも話題沸騰中!!!さらにスペイン、ペルー、台湾、香港など海外のメディアでも紹介され世界的にも注目を集める高齢アイドル。歌や踊り以外にもコントや漫才、飴ちゃん配りや値切り代行、果ては人生相談まで、おせっかいでやかましい大阪のオバチャンの特性を活かした社会活動で世界を元気にします!
 

関連イベント

花見+野フェス【HANAFES '17】
花見+野フェス【HANAFES '17】

ノースヴィレッジ最大の音楽イベント【HANAFES】 ◆今回4回目となるハナフェスは4月8日と9日の2日間開催致します☆

today日時

2017年 4月 8日

scheduleOPEN

-

scheduleSTART

-

my_location開催場所

おかやまファーマーズ・マーケットノースヴィレッジ

room住所

岡山県勝田郡勝央町岡1100番地

turned_in_notADV

4,500

turned_in_notDOOR

5,500

descriptionイベントの詳細

Location
​おかやまファーマーズ・マーケットノースヴィレッジ
OPEN:- / START:-
ADV:4500 / DOOR:5500
ノースヴィレッジ最大の音楽イベント【HANAFES】
◆今回4回目となるハナフェスは4月8日と9日の2日間開催致します☆

回を重ねるごとにボリュームアップする内容、今回も相当すごいです☆大好きな人にはたまらない!優しくないアーティストラインナップに乞うご期待!!
お楽しみに!!


場 所 園内特設会場
日 時 4月8日(土曜日) & 9日(日曜日) ※2日間開催☆

チケット
前売り:1day(両日とも)大人4,500円 中高生&シニア2,500円
    2day 大人8,000円 中高生&シニア4,000円

当 日:1day(両日とも)大人5,500円 中高生&シニア3,500円
    2day 前売りのみの扱いとなります
 ≪※シニアは65歳以上となります。入場時に年齢確認致します≫
 ≪※小学生以下は、保護者1名につき2名まで無料。3人目より中高生料金≫


【チケットプレイガイド】2月9日より発売☆
おかやまファーマーズ・マーケットマーケット ノースヴィレッジinfo
◆PASSMARKET
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01nj51yq8ymb.html

◆eプラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002217273P0030001
お問合せ
TEL:0868-38-1234(ノースヴィレッジinfo)




【カルメラ】
「SUMMER SONIC」への出演や福岡大型ビーチフェス「Sunset Live」にも毎年出演している大阪発エンタメジャズバンド。ポップス、ジャズ、サンバ、ラテン、ロックなどあらゆるジャンルを時に楽しく時に切なく大阪ライクにクロスオーバーする8人組。演奏力の高さに加え、関西人で構成されたメンバーならではのエンタメ感満載のライブ演出は近年のリピーターの増加が人気を物語っている。2016年4月20日に7thアルバム「REAL KICKS」(B.T.C.Records)を発売。オリコンインディーズチャート初登場7位にランクイン。


オレスカバンド
【オレスカバンド】
2003年に大阪・堺にて結成し、ライブを中心に活動するガールズバンド。3Rhythms&3Hornsの構成により、The Specialsに大きく影響を受け結成当初から SKAを基軸に活動してきたが、活動を続けていくにつれ、2トーンをより精神的なものとして捉え、SkaにRock/Funk/Reggae/Rock steady/Soul/Jazzなど様々なジャンルを取り入れたサウンドにスタイルを広げ世界を賑わせる。2016年11月、6年ぶりとなるフルアルバム「Slogan」をリリース。"ハッピーにサバイブ!”をモットーに、国内・海外で幅広く活動中!


【ワンダフルボーイズ】
マジであった事POPミュージック!をコンセプトにvocal、Sundayカミデ率いる7人のハイセンスボーダーBAND。 近年、天才バンドでもソングライティング、ピアニスト、ベーシストとしても活躍するSundayカミデがワンダフルボーイズではハンドマイクで歌って踊り狂う。レゲエやヒップホップ、ソウルなどの影響を感じさせる音楽とマジであった事しか歌詞にしない楽曲はいつも誰かの何かしらの何かを刺激し続けている。


【オオサカズ】
2016年 3月結成。同年4月に解散した奇妙礼太郎トラベルスイング楽団から【ペペ安田(ba)岩井ロングセラー(synth)増谷紗絵香(pf)濱田剛史(per)シオミテツオ(gt)長山動丸(tp)トミー(tb)】により出来たインストバンド。6月にオリケン(ds)、12月にサリナ(Euph)が加入。マジカルロックと評される楽曲はジャズ・ロック・プログレ・エレクトロ等を独自のダンスミュージックに変換してアウトプットしている。2016年12月に1stアルバム『DE OMAS』をリリース!!


【vougsign】
オーセンティックな8人組のスカバンド、ヴォングサイン。
結成以来三歩進んで二歩さがるというスタイル。
金も色気もござぁせん、裏打ち肴に乾杯です。Let's kiss ほほよせて、ちっちゃく前へならえのヴォングサイン。どおぞよろしく。
Let's do the ska with vongsign!


【バブル次世代】
2011年結成 鹿児島県霧島市のFunkBandバブル世代の次の世代、いわゆる氷河期世代のメンバーを中心に構成。もう一度バブルはこないかと・・・「夢に破れ 夢を無くし 夢に焦がれる」大金持ちじゃなくていい・・・せめて小金持ちになりたい。見栄を張りたい!タクシーを一万札で止めたい!そんな邪心あふれる同志が集結。夢は万札の風呂に入る事。
国分FUZZ ROCK HALLで主にライブ活動中。主催イベント「Bubbly Night」も大好評開催中!バブル世代じゃないと手が届かない高額な物販も用意しております!


【MOHIKAN FAMILYS】
ティンホイッスル、クラリネット、アコーディオン、アコーディオン/ヴォーカル、ガットギター、ウッドベース、ドラムの編成で、大阪を中心に活動するアコースティックロックバンド。アイリッシュ、ジプシー、ケルト、クレツマー、フラメンコ、ミュゼットなどのヨーロッパトラッドミュージックをベースにロックやラテン、その他いろんな要素を混ぜ込んだワールドミクスチャーミュージックを展開中。ロックなどに飽き足らず、ワールドミュージックに手を出してしまい、アコースティックの気持ちよさを体感。これをきっかけに実験的な融合を試みながら新しいアコースティックミュージックの有り方を現在進行形で目指す。


【マッカーサーアコンチ】
大阪アンダーグラウンドの冷静と情熱の間をループし続けるロックバンド!
FUJI ROCK FESTIVAL出演や二度の海外ツアーなど活動は多岐にわたる。
合言葉は100%DANCE!
ゴリラも踊り出すぜ。
Let's go マッ!!!!





【Black Bottom Brass Band】
1993年に関西で結成、ニューオリンズスタイルをベースにしたブラスバンド。
その音楽性は多岐にわたり、様々なアーティストとコラボレーションすることで、ジャンルを超えて多様化し進化していく。
ストリートパフォーマンスが話題となり、1996年にメジャーデビュー。
以来、21枚のアルバムを発表。
最新作は『Harmonize』(2015年6月発売)
全国各地をライブツアーで飛び回り、FUJI ROCK Fes・台中Jazz Fesなどの国内外野外フェスに多数出演。
また、音楽の楽しさをストレートに感じてもらうWorkShopも各地で好評を得ている。
その場を一気に「祭り」にするそのFUNKYなGROOVEが世界中を駆け抜ける! 



【のら犬】
広島よりお越しの「のら犬」さん
足袋井直弘 vo G / 政成ジュンヤ G
ファンキー堀田 B / 向井 Dr / 龍作 G
ますみ sax
FESTAdeRAMA'10、FESTAdeRAMA'11出場
2010年 夏 1stミニアルバム『花とギター』を全国リリース、2000枚完売
名曲 流川は、映画『ラジオの恋』にも使われる。(足袋井直弘 出演)
現在 セカンドアルバム『アイナハイナ』制作中




私の思い出
【私の思い出】
京都ロックシーン絶賛暴走中の、"現存する唯一のアドベンチャーロック"バンド。ジャンルを問わない楽曲はまさにアドベンチャー!一度聴いたら忘れられないキャッチーなフレーズで聴く人すべての心を一瞬でわしづかみにする。
京都磔磔、名古屋得三ワンマンを経て2014年2月にファーストアルバム「アドベンチャー!危機一髪!」をリリース。
2016年7月にリリースした「おやすみユートピア」はタワレコウィークリーチャート1位に躍り出るなど、その勢いはとどまることを知らない!
愉快な5人の冒険野郎による衝撃&笑劇のキャンプをその目に焼き付けろ!


【Stoned Soul Picnic】
古いイージーリスニングなどのレコードをしこたまサンプリングしたトラックにホーンセクション、ギター、キーボードが乗る、というスタイルで生演奏のダイナミクスと自由度の高いクラブミュージックを融合。近年では珍しくなくなった手法ではあるが、結成した2000年頃はまだ珍しく、能天気なパーティーミュージックは当時のビッグビートの流行と合致して各地のダンスフロアを沸かせた。2006年から活動休止するも、絶妙なお馬鹿具合と軽快なリズムがキャッチーなサウンドは現在もフジテレビ「ワイドナショー」をはじめテレビ番組のテーマ曲やBGMでお茶の間を沸かせつづけている。フジテレビ「にじいろジーン」など番組のテーマ曲からTVCMなどの作家活動を個々に行ってきたが、2016年4月『月影サーカス(feat.奇妙礼太郎/杉瀬陽子) c/w GROOVY CATWALK』をデジタルリリースし本格的に活動再開。同年9月にはあの名作アニメ「フランダースの犬」の主題歌『よあけのみち』のカバーをデジタルリリース。
そして、この春にアルバム発売決定!!四十路の本気に乞うご期待!


【pug27】
2001年、大阪にて結成。
関西クラブシーンに大きく関わってきたメンバー8人組の精鋭部隊(笑)。
レゲエやラテン、ジャズを演奏しようと試みるが、はからずもロック的要素が強いリズム隊により、独特のpug27サウンドが生まれる。バンド結成から12年、中堅という年齢をとっくに過ぎ、ますます、おっさんにしか出せない『ゆるさと熱さを合わせ持つ素敵な演奏』で、関西を中心に活躍中!


【オバチャーン】
2012年結成の平均年齢63.5歳の大阪おばちゃんアイドル。「絡んでくるアイドル」をコンセプトに大阪を中心に政界で暴れまくります。日本テレビ「月曜から夜ふかし」への出演を皮切りに、「仏セブン」と言われる選抜メンバーをメインに、テレビ、新聞、雑誌など露出急増!インディーズデビュー曲「オバチャーンのテーマ」がYoutubeで90万回再生されるなど、ネットメディアでも話題沸騰中!!!さらにスペイン、ペルー、台湾、香港など海外のメディアでも紹介され世界的にも注目を集める高齢アイドル。歌や踊り以外にもコントや漫才、飴ちゃん配りや値切り代行、果ては人生相談まで、おせっかいでやかましい大阪のオバチャンの特性を活かした社会活動で世界を元気にします!

おかやまファーマーズ・マーケットノースヴィレッジ

花見+野フェス【HANAFES '17】

出演バンド

カルメラ

カルメラ

オレスカバンド

オレスカバンド

ワンダフルボーイズ

ワンダフルボーイズ

オオサカズ

オオサカズ

vougsign

vougsign

バブル次世代

バブル次世代

マッカーサーアコンチ

マッカーサーアコンチ

Black Bottom Brass Band

Black Bottom Brass Band

のら犬

のら犬

私の思い出

私の思い出

Stoned Soul Picnic

Stoned Soul Picnic

pug27

pug27

オバチャーン

オバチャーン

OFFICIAL MV『踊れジプシー』 【Movie Producer】
Copperpot Film
Contact:Copperpot.film@gmail.com